Journal of ano Simutrans

KTOKが旅,鉄道,Simuutransについて記したもの.

メルカトル図法での再現方法

本稿はSimutrans Advent Calender 2018の17日目の記事ですね.詳細についてはこちらを参照してください.

 

adventar.org

 


概要

 Simutransで再現プレイする際に,正確に位置を把握することが重要な課題にります.本記事では,大きさが九州までを対象とするメルカトル図法での再現方法について論じます.そして,軽く注釈をお話します.

目次

動画とスライド

Q&A

 


  動画とスライド

まずシムトラ学会で発表した動画を貼り付けておきます.


シムトラ学会4 2018年京都 07 あのKTOK氏発表「メルカトル図法での再現方法」

いや~,すんげぇカミカミですねOrz...

次に発表資料である参考資料pdfを張っておきます.

PDF


  Q&A

ここのコーナーでは実際に出そうな疑問をある程度解説するコーナーです.

 

 なぜ正確に把握する必要があるの?

まず再現プレイするためには,正確な場所を把握しておく必要があります.でないと,完成の精度が下がる恐れがあるからです.また,でこぼこが激しい場所だと,正確に把握していないがために,道を引く際に誤って引いてしまったりするのを防ぐためです.

 1マスあたりの大きさを決めておくと,あとは各点での距離を計算すればいいのでは?

近くだと有用ですが,遠くだとダメです.なぜかといいますと,地球は球体なので,緯度によって,経度が1進んだときの移動距離が違います.この影響が出てきます.

加えて,メルカトル図法の性質から,1マス50mの作ったと作ったとしても,実際は1マス48mだったりずれてます.

 なぜ,メルカトル図法からSimutransのマップへの変換,対応が1次関数みたいなもので書けると仮定しているの?

 これを説明するのは非常に難しいです.これはメルカトル図法の縦軸,横軸のスケールについて考察する必要があり,実際はそう単純な関数ではないです.そこで,Taylor展開と呼ばれる手法をお使うと,関数を1次関数で近似できるので使いました.

 精度はどれくらいなの?

 九州マップで1マスあたり50mくらいのマップで,6500*5500くらいのマップで実行してみました.すると誤差は2マス程度でした.3マスを超えることは滅多にないです.

 それでも誤差は出るんですね.

 1次関数で近似で近似したので,その分の誤差は必ず出ますね.

 他にも,地球が完全な球体ではないので,その分の誤差も出ます.影響は低いですが.

 定義に戻って厳密に計算した方が精度いいのでは?

 そのとおりです.しかし,今回,この方法を挙げた理由は,計算で使う知識が中学生なので,誰でもラクExcelとかでマクロを組むことができる点で,この方法は優れています.

 なるべく特定できる遠い2点をとれば良いといっているが,遠すぎると誤差の影響がおおきなるのでは?

 そのとおりです.なので,実際は1000マスくらい距離で特定できる2点を計算する方がいいかもしれませんね.

 


まとめ

メルカトル図法で再現する際に,精度がそこそこいい方法を挙げました.この方法がSimutransの役にたったなら嬉しい限りです.


おマけ

欲しいアドオンを挙げると,128版のななつぼし,ですかね.

欲しい機能をあげると,土地の上げ下げを,レールとかでCtrlと組み合わせるときれいな直線が引ける,適な機能があると,堀プレイとか,盛り土プレイとかがが捗る気がしますね...

Simutrans流行語大賞2018 を個人的に挙げてみた.

もうそろそろ,2018年も終わりになりそうです.平成終わりまであと4か月くらいになりましたね.

今回の個人的な流行語はこちらです.

・Shunter League

・新曲BGM

・フォントの変更

・pak256-Ex

・PHNS

・advance_to_end

・tku_road

・priority signal

・範囲整地

・double pak name warning

 

 

流行語とその説明

Shunter League

Reti氏主宰のSimutransのBGMに限定した,イントロクイズ大会である.今年から始まった.

 

新曲BGM

かよこ氏,五番星氏,硫化西部氏それぞれ作った曲が,SimutransのBGMに新しくくわえられた.

 

フォントの変更

フォントが自由に帰れたり,文字サイズを変えれたりと,目に優しい設計になった.

 

pak256-Ex

九龍会にいらっしゃる,九龍氏,ふぃすたむ氏,五番星氏,さちばさち氏,クロクモ氏が手を組んで256サイズで,ハイクオリティーなアドオンで遊べることが売り.今年,もっとも反響があったといっても過言ではない.

 

PHNS

ふぃすたむ氏が開設した,NS.今年度は佐渡島と千島列島を舞台に再現プレイをした.かなり起伏の激しいマップで千島列島では4000*770という広大な土地で開発し合うのが売り.

 

advance_to_end

指定位置に電車が停車するというもの.これで,縦列退避など細かい設定ができるようになった.Extendedにはこれに相当するものがある.

 

tku_road

リアルに道路をアドオンで再現した一品.高速道路プレイや山道プレイなど,OTRPで映えるアドオンです.

 

priority signal

SIS RoadはSIS Road Projectの一環で,リアルに道路をアドオンで再現することを目的にしていました.2017年8月or9月にSIS Road Projectのダウンロードが停止が話題になりました.たくさんの人々が復活することを望んでいます.

 

範囲整地

Shingoushori氏によってつくられたPatch.OTRPに組み込まれている.これによって,Simutransの整地作業が飛躍的に向上した.

 

double pak name warning

初めて,120.4をいじる際に,ビビるやつ.Escキーorスペースキーを押さないと次に進まないことにきづくのにちょっと時間がかかる.

 

受賞候補

ほかにも,収支メッセージ隠し,市道化防止オプション,公共駅民営化ツール,削除ツール,wayobjの間隔設置,Long convoyなどが流行りました.2018年は流行語を通して,このような動きがありました.

忙しい人のためのSimutrans(アドオン作成編)

本稿はSimutrans Advent Calender 2017の15日目の記事である.詳細についてはこちらを参照してください.

 

adventar.org

 


概要

 Simutransで個性のあるプレイをするために,アドオンを追加することは有用な手段である.しかし,アドオンを作るには素人では少なくとも1時間以上かかることが問題になる.本研究では,景観アドオンである「ホタル」をたった5分で作成する方法について述べる.

 

目次

アドオン「蛍」の作成

応用例

まとめ

 


 アドオン「ホタル」の作成

 今回制作するpakサイズを128とする.なお,アドオン制作にあたり,次のページを前提とする:アドオン開発/アドオンの作り方(Simurans JAPAN より)

①キャンパスの縦と横のサイズを128の倍数になるように設定する.今回はキャンパスのサイズを128×512とする.

②背景色を赤231緑255青255にする.これはsimutransの透明色が赤231緑255青255で設定されているためである.

③キャンパスを128×128ごとに区切って考える.それぞれの区切ったエリアに,蛍光色である赤255緑255青83と赤1緑221青1を適当に使って,適当に書く.ファイルの名前を付ければ,ペイント作業は終了である.今回はファイル名を「hotaru.png」とする.

f:id:ano_KTOK:20171204220809p:plain

図: hotaru.png

④次にdatファイルの編集である.以下の通りに編集する.今回は,船(waytype=water)として扱った.自由に編集してかまわない.


obj=vehicle
name=firefly01
waytype=water
freight=Passagiere
engine_type=bio
speed=4
gear=150
power=5
payload=0
cost=0
weight=1
length=3
Sound=-1
RunningCost=0
Constraint[Prev][0]=none
Constraint[Next][0]=none
EmptyImage[S]=hotaru.0.0
EmptyImage[E]=hotaru.0.0
EmptyImage[SE]=hotaru.0.0
EmptyImage[SW]=hotaru.0.0
EmptyImage[N]=hotaru.0.0
EmptyImage[W]=hotaru.0.0
EmptyImage[NW]=hotaru.0.0
EmptyImage[NE]=hotaru.0.0

⑤あどはmakeobjを行うだけである.

 

これにより,アドオン「ホタル」を5分程度で制作することが可能である.

 


 応用例

 さて,アドオン「ホタル」を実際に応用してみる.今回は,著者が作成した「東海道本線(米原→大垣)【Simutrans紀行】」を用いて説明する.本動画の13:13辺りをご覧いただくと,川の当たりが光って見えます.


東海道本線(米原→大垣)【Simutrans紀行】

ここで昼間はどのようになっているのか気になるかもしれません.昼間はチョウチョウとして扱っています.実際に本動画の3:11あたりから再生して頂きますと,川がちらちら黄色いものが見える程度になっています.

 問題点として,ホタルにしろチョウチョウにしろ,人によっては言われてみないとピンとこない場合ががある.事実,母上様数名の方から指摘を頂いた.

 また,この方法はアドオンを作るために万能な方法ではない.

 


 まとめ

 以上より,アドオンを5分程度で制作する例を我々は確認できた.忙しい人でもアイデア次第で,「ホタル」以外にも,非常に短い時間でアドオンを制作できるかもしれません.

Simutrans流行語大賞2017 を個人的に挙げてみた.

2017年もSimutransで様々なことがありました.個人的にですが,Simutrans流行語大賞2017を決めました.

今回の個人的な流行語はこちらです.

・本体開発

・OTRP

・Extended

・LCパッチ

・シムトラ学会

・pak128.edo

・SIS Road

横瀬地峡開発記

・Simutrans同人誌

・120.2

 

 

流行語とその説明

本体開発

 今までのSimutrasでは,アドオンを開発するか,マップを開発するかのどちらかでした.ひめし氏を主体とする本体開発ゼミをきっかけに,本体開発(ひめし氏のOTRP,ラス氏とひめし氏のLCパッチ,Hyper氏の全て車庫に戻るボタン,Hyper氏の車庫ソート機能,著者の64bit,ふぃすたむ氏の「AFHP,りょくちゃ氏のSimuDia,ひめし氏を主体とする市道化防止パッチ)が盛んになりました.

 

OTRP

 今までのSimutrasでは,道路は両側2車線しか扱われてきませんでした.ひめし氏が,2車線片側通行,追い越しなどができるパッチを開発したことが,話題をよびました.現在は,Shingoushori氏なども加わって,ソースコードのバグ直しが行われているようです.ソースをいじる人を募集しているようです.多くの人が本家統合を切望しています.TKU氏のSSなどで実際に動かしているところを見ることができます.

 

Extended

 Simutransの通常とはことなるバージョンであるExperimenalが,2017年にExtendedになりました.ふぃすたむ氏が追跡のバグ直しやAFHP,MARK氏の越州地方開発記,りょくちゃ氏SimuDiaなどが話題に上がりました.

 

LCパッチ

 いままでのSimutransでは,気動車が16両,そのほかの交通機関が4両以下であったが,ラス氏が全交通機関で64両で走れるPatchをつくり,ひめし氏の協力によりSimutrans本体(r8243から)に統合されました.

 

シムトラ学会

 Simutransについて,話したい,若しくは有益な情報を共有,布教したいということで,今年度からこの学会が始まりました.第1回が5月13日に横浜の八須学園大学で,第2回が9月23日札幌でおこなわれました.第3回が横浜の八須学園大学で行われる予定です.

 

pak128.edo

 これはSimutransで江戸プレイができるようにと,休日自衛隊氏が開発しています.休日自衛隊氏が資料館に行くなどして,本格的に,よりリアルに制作していることが見られます.128な氏の横瀬地峡開発記,Hyper氏の二人のゆかりさんと行く!Simutrans実況,ふぃすたむ氏の双島国開発記,著者の京都御所などで見られます.

 

SIS Road

 SIS RoadはSIS Road Projectの一環で,リアルに道路をアドオンで再現することを目的にしていました.2017年8月or9月にSIS Road Projectのダウンロードが停止が話題になりました.たくさんの人々が復活することを望んでいます.

 

横瀬地峡開発記

 128な氏が開発しているマップで,ニコニコ動画で見られます.地形を壊さないことを心がけながら圧倒的乱開発を行っています.さまざまな人々に影響を与えています.

 

Simutrans同人誌

 MARK氏がSimutransの同人誌,自由町を配布しています.もともと,Simutransの同人誌を書きたいという方が多数いましたが,さまざまな理由で実行に移すのが難しいようです.今年ついに,Simutransの同人誌が発売されました.

 

120.2

 Simutransの本体の更新が,2月13日に120.2,2月28日に120.2.1,4月1日に120.2.2がありました.現在はマイナー版の120.2.3が開発されています.

 120.2.2では,車庫名前フィルタ,編成長を伸ばすときのクラッシュを修正などがありました.

 

受賞候補

 ほかにも,車庫ソート機能,SimuDia,AFHP,描画位置,市道化防止パッチ,信号制御,シムトラ大学,NANS,Advent Calenderなどが流行りました.2017年は流行語を通して,このような動きがありました.

はじめまして.

 はじめまして.あのKTOK(ケイトック)です.今回,このblog,Jounal of ano Simutrnasを始めました.

 

 このblogでは旅,鉄道,Simutransについて紹介することを目的にしています.が,KTOK本人が見たのも聞いたものをまとめることも目的としています.

 

 発行は不定期です.